2012年06月01日

イデミ・スギノ(東京・京橋)


『人気の理由がさっぱりわからない』

 店主の杉野英美は1991年パリのリヨンで開催されたパティシエの世界大会(クープ・ド・モンド・ド・ラ・パティスリー)でチーム優勝を果たした。大会優勝をうたい文句に92年に神戸の北野にあるビルに出店したのがこの店のはじまりである。ちなみにこのフロアには芦屋の小さな喫茶店だったアンリ・シャルパンティエがケーキ専門で店を出していた。ケーキの平均値段が250円ぐらいの時代に従来の半分以下の小さなケーキに金箔をあしらって550円という値段をつけた。これがケーキの小型化と1個500円時代のはしりだと思われる。

 
 さて19年ぶりに訪れた杉野の店。

110203_1230~01.jpg
【アンブロワジー】 

 パティシエ世界大会時の優勝作品「アンブロワジー」は19年の時を経てなお健在だ。しかも740円という一番高い値段がつけられている。当時は確か550円だったかな。今も昔も高いなと感じる。
  金箔の飾りはアンリ・シャルパンティエの十八番を真似したともとれ今では古くさいが、黒に近いチョコレートにはよく似合う。
 表面を覆う黒漆のような艶のグラッサージュ・ショコラの下にはチョコレートのムース。三層目が白色のピスタチオのムースで四層目は木イチゴのジャム。そしてそれらを底のチョコレートのスポンジが支えている。サイドに飾られたチョコレートの花びらも華やかだ。
 歳月を感じさせないところはさすがと言える。しかし740円という一番高い値段を付けて19年間も店の顔として存在させているのは
「店主に進歩がない」
と言われてもしかたがないだろう。

 ところで、東京都多摩市にある「ル・ププラン」なる店に「アンブロワジー」に酷似した「グアナラ」というケーキがある。
グアナダ.jpg
 【グアナラ】
上の写真と比較しても「アンブロワジー」との違いを見つけ出す事の方が難しいことがおわかりいただけるだろう。
  杉野の店との関連が見当たらない店主の経歴からすればパクったと言われても仕方がない。しかし「ル・ププラン」では特に店の看板ケーキという位置づけではなく価格も420円である。「こんなケーキ誰にでも安く作れるわい」といったアンチ杉野感覚で作ったのだろう。
 杉野もここまでやられたら「アンブロワジー」を引っ込めるぐらいの男気があってもよさそうなものだが、彼にはこのケーキを越えられるような新製品を作り出す能力はない。

プレジリエンヌ.jpg
イデミ・スギノのイートイン専用ムース系ケーキの一つ「プレジリエンヌ」

 ショーケースには15種類ほどのケーキが並べられているが、不思議なことにそのほぼ半数がイートイン専用である。ほとんどがフワフワのムース系。イートイン専用ということは持ち帰りが出来ないほど繊細な作りなのだろうかと思ったが、なんのなんの全く問題なく持って帰れます。どれも作りだけは繊細で凝ったケーキなのだが、所詮ベースがムースだから食べ応えがない。味のアクセントには柑橘と洋酒を使っているが、下手な組み合わせだと「プレジリエンヌ」のようにプンと塩素のような香りになってしまうのである。書き出せばきりがないが、私には何故この店が頻繁に食べログで口コミされ、しかもあれほどまでに高評価なのか全く理解ができない。
 
 何よりここのコーヒーが全くひどい。
エスプレッソを湯で薄めてコーヒー750円でございますはないだろう。
 
 おまけに店内は撮影禁止とはまったく了見の狭い店主である。皿に乗った自分のケーキを記念にそっとコンデジで撮るぐらいは全く問題ないと考える。ここの店主はショーケースの中や店内を一眼レフでバシャバシャ撮りまくる成り上がり者の東洋系外国人観光客からの精神的外傷があるのではないか。
 例えば回りに迷惑や不快感を与えない撮影方法でカメラを構えている客がいると想像してみよう。
金出して買ってこれから食べようとする自分のケーキには肖像権は有りません。カメラに納めて楽しい気分になろうとしている客の所に店員がすっ飛んでいって「おやめ下さいお客様。当店は撮影禁止でございます」と言うのは如何なものか。 私は事実その行為を目の当たりにして隣席を見入ってしまった次第である。
 
 オーナーパティシエ、不思議なことに最近はオーナーシェフとも紹介される杉野英実氏。
神戸の北野で真っ当にケーキを売っていればよかったものを、わざわざ東京に店を出しNHKの料理番組の講師にも登場している。杉野にテレビで「店の味を広く庶民に伝えよう」なんて崇高な志は無い。「店の宣伝」の為だけに出演していると言っても良いだろう。微妙に店名が判る料理服を着ているばかりかテキストには店の詳細情報まで載せている。「有名だから」「テレビに出ているから」「食べログの口コミでみんなが旨いと言っているから」旨いんだろうと勘違いする客が多いのだろう。
 
 私が見る限りでは伝説のケーキ「アンブロワジー」以外に目新しいケーキは見当たらない。イートイン専用のケーキと同様に、もはや杉野のケーキ職人としての賞味期限は切れていると言って良いだろう。
 
 イデミ・スギノの狭くて薄暗いイートインスペースで過ごすぐらいなら、同じ値段で近くの資生堂パーラーに行ったほうが1億倍幸せな気分になれるというものだ。
 
posted by ブディーノ at 15:50| Comment(9) | TrackBack(0) | ケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このケーキだけに限らず、ブディーノ様に於かれましては随分偉そうな言い草で井の中の蛙ぶりをやたらとアピールされてますがね、見ていて恥ずかしいんで1つおしえておりてあげます。
パクリ見つけたりと言った風に言ってるル・ププランのグアナラは原宿のペルティエにも全く同じ名前のケーキがある。その原宿ペルティエを作ったシェフはクープ・ド・モンドで杉野氏と一緒に戦った安藤氏。 そして安藤氏はこのル・ププランのシェフ岡本氏と共に同時期にフランスでルシアン・ペルティエ氏に師事していたんですよ。 帰国後岡本氏は原宿ペルティエでシェフ・パティシエをしていたこともある。 まあ、そういう理由。 恥ずかしいと思うが是非こういうコメントこそ表示するんだね。
Posted by 特派員 at 2013年04月13日 03:10
特派員 様
貴重な情報ありがとうございます。
ル・クープ・ド・モンドで一緒に戦った安藤氏が「アンブロワジー」を「グアナラ」と称して自分の店に出すのは理解できますが、安藤氏とフランスで同じ職場にいたル・ププランのシェフが同じ名前の「グアナラ」を自分の店で出すというのは安藤氏と仲が良いので教えて貰ったということですね。どうりで作品が酷似していると思いました。
ケーキの作り方を教えて貰ったと言う表現が正しかったのですが、オリジナルじゃない酷似した商品を例え交友関係があって教えてもらったとは言え、店頭に商品として出すことを私の感覚ではパクったと言うのですよ。
Posted by ブディーノ at 2013年04月14日 13:41
特派員 様
貴重なご意見ありがとうございます。

私のことを井の中の蛙とおっしゃいましたが、まさにその通りです。
まぁ私の場合少ない情報量で書いているところに様々な新情報がもたらされて都度都度成長させて頂いていると考えています。

同様に考えますとル・ププランのシェフ、杉野英美、安藤に至っては仏蘭西ル・クープド・モンド優勝のケーキを未だに越えるケーキを作り出せないという、井の中の蛙どころか試験管の中のおたまじゃくしですね。
Posted by ブディーノ at 2013年04月14日 14:01
試験管の中のおたまじゃくし、もとい特派員様

このままじゃ、試験管の中のおたまじゃくし特販様がチキンと世間に思われるか、はたまたブディーノの自作自演と思われてしまいます。

炎上するぐらいこのサイトをもっと盛り上がらせましょうよ。
Posted by ブディーノ at 2013年04月15日 07:46
1991年ル・クープ・ド・モンドに出場したメンバーは杉野英美(現イデミ・スギノ)、安藤明(現ペルティエ)、林雅彦(現ガトー・ド・ボア)の3人。
帰国後、杉野英美と林雅彦が「アンブロワジー」を店頭に出しています。
安藤明が「アンブロワジー」を「グアナラ」という名前に変えた理由は不明です。
安藤明と岡野匡生(現ププラン)の接点は1983年にフランスの「ペルティエ」という店で一緒に働いてます。そして安藤明が帰国し「ペルティエ」を開店(ユーハイムの資本かも)した時に岡野匡生が同店で働いています。よって岡野匡生が「グアナラ」を習った時期は帰国後の「ペルティエ」時代だと推察されます。世の中に酷似したケーキが4店舗で売られ、2つは「アンブロワジー」で売られ、2つは「グアナラ」という名前で売られているということです。
もしフランスのペルティエにグアナラにそっくりなケーキが売られているとしたら、アンブロワジーは杉野英美の創作ではなく安藤明と岡野匡生のアイディアという事になりますね。
下記のウェッブサイトを見る限りではホールケーキに若干似たようなものがあるだけで酷似した商品はありません。
http://desamis365.exblog.jp/16121162

これはフランスの「ペルティエ」に行かなきゃ判りませんね。

岡野匡生(現ル・ププラン)の「グアラナ」が杉野英美の「アンブロワジー」をぱくったというのは故意ではなかったということです。

しかしトヨタの新車を日産、本田、マツダが車名を変えてしかも値段を変えて売るような吟持のない事はしませんが、ケーキ業界では堂々とまかり通っているということが判りました。

Posted by ブディーノ at 2013年04月15日 16:36
私はただの客の一人に過ぎませんが、イデミさんのケーキは最高です。少なくとも私の中ではそうです。それをこんな風に書くなんて酷いです。あなたはどんなお仕事をされている方かは存じませんが、味覚音痴で失礼千万な方だと思います。あなたが美味しいと思う物、素敵だと思う物を否定されてどんな気分になるかを自分に問うて下さい。往々にして人を批判ばかりする人に人間的に魅力のある方はいないものですから、きっと独りよがりで何も感じないのかもそれませんが・・・。
Posted by ブルーベリー at 2014年02月03日 22:44
上野桜木町にあるinamura shozoと間違えて検索したら、hidemi
sugino
にヒットしました。私もブログ主様の意見に賛成です。店内は暗く狭く、テーブル間隔もせまく、御隣の会話が丸聞こえ。それで1500円近くする、並んで入店したから2個もケーキを頂こうものなら2000円超えます、2人で5000円超えたりもする。このイーとインがホテルラウンジよろしくゆったりと落ちつた気分で過ごせるなら、そして何よりもお味は超一流なら値段は問いません。ところが、味も雰囲気も期待に反するのですよね、なので早々と食べ終えたら出ることになるわけです。まあお店側にしてみれば、回転率よく願ったりなのでしょう。おまけに私が個人的にこのお店を好きになれないのは、化粧室が店内にないことです。真冬は寒いんですよ〜世間の評価と個人の評価は全く一致しないというのはよくあることにしても、ここの人気は私にも???です。

たまたま、ここで頂いたときにお隣さんの話声が聞こえてきました。淡路町にある「近江屋ケーキ店」は、ここidemi Suginoと匹敵する美味しさだ!と。その店の近所に住む私としては、え〜〜〜と耳を疑いたくなる評価、いくらなんでもレトロでバタークリーム主流の「近江屋」さんと、suginoが同列とはひどい、ということは、このお店(sugino
)に来店するお客様というのはその程度の味覚しか持ち合わせていないのかしら?呆れて帰途に付いた次第です。なんだ、東京1の名店と呼ばれるお店にそんな、とんちんかんな舌を持ったお客様がいるとは驚愕でした。世間はこの程度何だと思います。
で肝心の「Shozo INAMURA」めちゃくちゃ、美味しいです、500円もしないチョコケーキ召しあがって下さい、アンブローシア以上と思います。
Posted by po at 2015年04月09日 16:54
ブルーベリー様 お返事が遅くなって申し訳ありません。
ブルーベリー様のコメントを見落としていただけで決して無視していたわけではありません。
さてご意見を拝見しましたが、イデミスギノのケーキのどのようなとこかお好きなのか具体的に書いて頂かないとご返事のしようがありません。私はイデミスギノの気に入らない点をいくつか書いておりますのでそれに対してご意見を頂戴したいと考えます。
ブルーベリー様のように「往々にして人を批判ばかりする人に人間的に魅力のある方はいないものですから、きっと独りよがりで何も感じないのかもそれませんが・・・。」で終わらせてしまっては話がつながらなくて私は面白くありません。よろしくお願いします。
Posted by ブディーノ at 2015年04月09日 19:20
po様 コメントありがとうございます。
Shozo INAMURAのケーキ食べに行きますね。
Posted by ブディーノ at 2015年04月09日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272992744
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。